ディストリビューターについて

日本は、外資系企業が多いので、ディストリビューターという言葉もかなり知られています。

日本で行われるビジネスにおいて、頻繁に作成される契約が、販売代理店契約です。



販売代理店契約の中の販売代理店については、企業などによって異なる意味を持っていることがあるので注意する必要があります。


海外の企業との取引を行うケースでは、ディストリビューターとエージェントでは、意味が違います。エージェントは、海外ではとても多い営業形態で、エージェントはメーカーなどの代理として顧客と取引を行います。
そして、その取引によって報酬を受け取るのです。

エージェントは、メーカーの代理として、売買契約を助けます。

エキサイトニュースの喜びの声を頂いています。

そのため、広告宣伝費や様々な経費の一部を、メーカーが負担することもあります。
発注や価格の決定などは、メーカーが行うことになります。エージェントは、メーカーに対して、販売の状況や市場の動向を伝えます。


ディストリビューターは、メーカーなどと継続的な売買契約を結び、自分の責任で商品を仕入れて顧客に販売します。

ディストリビューターに関する予備知識の情報が満載です。

そして、販売価格の決定権はディストリビューターが持ち、広告宣伝費や経費も負担することになります。
ある地域での販売権についての交渉も、代理店契約では重要です。


すでに代理店がある場合などは、トラブルになることも少なくないので、事前の協議が必要になることもあります。

海外の企業との取引では、お互いの信頼関係の構築が非常に重要です。